施設種別 特別養護老人ホーム 96床
ショートステイ 12床
認知症対応型デイサービス 12名
居宅介護支援事務所
工事種別 新築工事
構造 鉄筋コンクリート造 3階建て
設計・監理 ケアスタディ株式会社+Nov設計工房
施工 株式会社今西組 東京支店
竣工 2017年6月

 

外観は周囲と違和感のない茶系をベースとした
素材もタイルや石などあえて一般的なものを使用している

施設っぽく感じられる大きな館名サインは避け
地域コミュニティーの拠点とすべく施設名のみ目線の高さに設置

周囲の低層住宅に配慮し建物の東側は2層の高さに抑えた
隣地の中学校の木々を居室から眺めることができる

近隣の方々に開かれた存在として設けた地域交流室
道路から中の様子が見える位置とすることで利用しやすさに配慮した

ホールの中心に2フロアのつながりを感じる階段を設けた
移動の自由を保障する象徴としている

壁面に設けているのは冷暖房用の樹脂製輻射パネル
外断熱の建物と組合せ風を嫌がる高齢者に快適な環境を提供する

特別養護老人ホームの共同生活室
中庭を通して他のユニットの暮らしも感じられる空間とした

特別養護老人ホームの居室にはそれぞれ飾り棚を設けた
お気に入りの品物などを飾り個性を主張できる

ベッドからアクセスしやすい位置にトイレを設けた居室
洗面は利用者に合わせて高さが調整できる昇降式とした

使いやすい青森ひばの浴槽を設置した浴室
窓を大きくとり開放感のある空間とした

認知症対応型デイサービスには掘りごたつのある畳コーナーを設置
休憩・談話・食事・趣味活動など多目的に使用できる

木工作家の製作した木製シャンデリアのある談話スペース
高齢者が現役だった頃に使われていたレトロな家具と組合せた